学資保険のお祝い金の受け取り方

学費というのは、保護者にとって頭の痛い問題です。子どもが志望する学校にもよりますが、総合すると何千万というお金が必要となることも少なくないため、計画的に資金を運用していくことが必要となっていくのです。その際には、将来必要となる学費に備えるため、学資保険を利用するのも、賢い選択です。
保険のことでは、定められた満期日に保険金を受け取るだけではなく、途中でお祝い金を受け取ることもできます。ただし、お祝い金は、こちらから受け取りの手続きをとらなければ、振り込まれることはありません。その方法は、学資保険を取り扱う会社によって異なりますが、大きく分けると、書類を返送して受け取るものと、窓口で手続きを行うものとがあります。
書類で行う場合には、あらかじめ会社のほうから、お祝い金のお知らせが届くケースがほとんどです。それに必要な事項を記載し、必要な書類と一緒に送付すれば、後日、指定した口座に振り込まれます。窓口で受け取りの手続きを行う場合は、前もって必要な書類を用意しておかなくてはなりません。保険証書はもちろんですが、身分証明書や、印章なども忘れずに持参しましょう。また、手続きしてすぐにお金が渡されるわけではなく、これも後日、口座に振り込まれるかたちとなります。
お祝い金は、受け取らないこともできます。受け取ると満期保険金から差し引かれることになりますので、将来のプランや状況に合わせて、上手に運用していきましょう。